新入社員の指導を任される読者も多いこの時期。新人に対して、「遅刻しないでね」「失敗しないでね」と言いたくなることもあるはず。でも、この言い方は、相手を励まして行動を促す話し方の技術「ペップトーク」において、もっとよい伝え方があるそうです。ペップトークの4つのステップを聞いた前回に続き、日本ペップトーク普及協会専務理事の浦上大輔さんに、職場のさまざまな場面でペップトークを活用する方法をお話しいただきました。

第1回 先輩社員が告白 私たちが新入社員にモヤモヤする瞬間
第2回 新人のモチベーションを上げる「認める」スキル
第3回 新人のやる気をそがずにミスを指摘する二つの方法
第4回 新人が「期日を守れない」背景と対処法
第5回 新入社員の正しい「叱り方」 叱るべき状況は二つだけ
第6回 後輩のやる気を引き出す「ペップトーク」の4ステップ
第7回 電話に出ない・言われたことしかやらない新人の認め方(この記事)
第8回 励ますつもりが逆効果? 「嫌味な先輩」と思われない秘訣(3月27日公開)

ネガティブをポジティブに変換する方法

 皆さんは、新人に対してこんな言い方をしたことはありませんか?

「遅刻しないでね」
「ミスしないようにね」
「失敗しないでね」
「表情が硬いよ」
「忘れ物してない?」

「明日は絶対に遅刻しないでね」 (C)PIXTA

 前回お伝えしたように、言葉は脳にイメージを呼び起こします。インターネットの画像検索で「失敗」と入れると、失敗している人の画像がたくさん出てきますよね。それと同じようなことが脳の中では起こっています。

 そのため、「間違えないでね」と言われると、間違える自分の姿が浮かんでしまいます。「間違えない」→「無事にやりとげる」と頭の中で意味を変換することはできますが、脳が受けるイメージは言葉に引っ張られます。ですから、何か行動を促すときは、「してほしくないこと」+「否定」ではなく、「してほしいこと」をダイレクトに伝えるようにしましょう。表現をネガティブからポジティブに変換するのです。

 ちなみに、最初に挙げた言葉は、次のように変換することができます。

【ネガティブ→ポジティブ 変換例】
「遅刻しないでね」→「時間に余裕を持って来てね」
「ミスしないでね」→「しっかり準備してね」
「失敗しないでね」→「成功するように応援しているよ」
「表情が硬いよ」→「笑顔で話してみて」
「忘れ物してない?」→「持ち物を確認してみよう」

 「遅刻しないで」と言われて遅刻している自分をイメージするよりも、時間に余裕を持って到着して、みんなを迎えている自分をイメージしたほうがいいですよね。

 ポジティブな言い方をしていると、言った人の印象もよくなります。同じ内容でも、「してほしくないこと」+「否定」で話す人には無意識のうちにプレッシャーを感じてしまいますが、ポジティブな言い方なら「一緒にいると居心地がいい」「やる気が出るような感じがする」という印象になるからです。

「明日は大事な打ち合わせだから、時間に余裕を持って来てね」 (C) PIXTA