手帳のタイプはさまざま。どうやって選べばいい?

 次に使う手帳を選ぶのは楽しいものですが、デザイン重視で選ぶのはNG。まずは「何を」「どのくらい」書きたいのかを考え、自分の使い方に合わせて選ぶようにしましょう。

 手帳のタイプはマンスリー、ウイークリー、デイリーの3つ。それぞれに特徴があり、どんな人に向いているのかも変わってきます。

マンスリーなら1カ月分の予定を俯瞰できる

 月間予定を見開き1ページにしたのがマンスリー。サイズが小さいものもあり、ページ数が少ないので、持ち運びしやすいのが特徴です。アポイントメントや締め切りだけを書く人なら、このタイプが最適。空いている日時を即座に確認できるのも、メリットの一つです。

毎日、複数のアポが入る人向けのウイークリー

 ウイークリーは、週間予定を片面1ページ~見開き1ページにしたもの。マンスリーよりも書くスペースが広いので、1日に3件以上の予定が入ることが多い人にオススメです。時間軸が書かれたバーチカルタイプなら、タイムマネジメントにも活用できますね。

To doリストなども書き込めるデイリー

 1日の予定を片面1ページ~見開き1ページにしたデイリーは、書きたいことがたくさんある人向け。ページ数が多い分、厚くて重くなりますが、アポイントメントや締切日はもちろん、To Doリストや日記なども書き込めるので、情報が一元化できます。全体のスケジュールも把握したいなら、月間予定のページと併用するのがオススメ。

 ちなみに私の場合、以前はマンスリーを愛用していましたが、書き切れなくなったため、ウイークリーのバーチカルタイプに切り替えました。これに研修やセミナーの予定をまとめ、人と会う約束だけは月間予定のページに書き込むようにしています。ここには具体的な予定やTo doリスト、一言日記などを自由に記入。さらに月間予定のページを併用し、外出する日か、デスクワークする日かが一目でわかるようにしています。

自分にどんなタイプの手帳が合うかまずチェック! (C) PIXTA