後輩もできて、部署での立場は中堅どころ。にもかかわらず、仕事に時間がかかり過ぎる、なかなかミスが減らせない…。そんな悩める働き女子へ、ビジネスインストラクターの鈴木真理子さんがアドバイス! 30歳、やる気はあるが「ムラ・ムダ・ヌケ」だらけのやる子に、経験豊富なすずまり姉さんが愛をこめて指南するコラム。今回は、締め切り前に仕事が片付けられ、時間に余裕ができるすずまり姉さん流の手帳活用術を公開します!

(登場人物)

やる子(30歳)すずまり姉さん(40代)
左:やる子(30歳)/仕事に対しては真面目で、やる気も十分なのに、なぜかいつも空回り……。ミスやムダが多く、残業しているのは自分だけという状況もしばしば。

右:すずまり姉さん(40代)/効率よくスマートに仕事をこなす。過去に数多の過ちをやらかした経験からミス、ムダ、残業を忌み嫌う。厳しさと愛をもって全力で後輩を指導中。

アポと締め切りに追われて連日残業…。これって何がいけないの?

 21時、人けもまばらな制作部のオフィス。キーボードをたたく音に混じって時折、やる子のぼやきが聞こえてきます。

やる子 「最近、定時上がりしてないなぁ。もう、どうしてこんなに時間がないの……?」

 自問自答を繰り返すやる子の元へ、カツカツカツ! とヒールの音を響かせてやって来たのは、すずまり姉さん。取引先との会食を終えてご機嫌。帰宅途中、職場の電気がついていたので少し寄ってみたようです。

すずまり姉さん 「あらま、やる子。こんな時間まで何やってんの?」

やる子 「ああ、すずまり姉さん。いやもう、ここのところ締め切り続きで、全然仕事が終わらないんです~」

すずまり姉さん 「ちょっとそれ、引き受け過ぎなんじゃないの? こないだ、手帳でスケジュールを管理するコツを教えたけど、ちゃんと活用してる?」

やる子 「そりゃもう! ホラ、バッチリ書き込んでいるんですよ」

 まだ真新しい手帳を広げ、すずまり姉さんに見せつけるやる子。そこには、いくつかのアポイントと締め切りのスケジュール、その日に必要な持ち物などが書き込まれていました。

すずまり姉さん 「あ~た、これ惜っしいわ~。教えたことを実践しているのはいいけれど、手帳はもっと使いこなせるのよ」

やる子 「え、これ以上、書けることってあるんですか?」

すずまり姉さん 「大アリだぁよ。よし、今日はひとまず切り上げて明日の朝イチで教えたげましょ!」

やる子 「はい!」

ムダを省いて時間に余裕が生まれる書き方があるんです (C) PIXTA