やらなきゃいけない仕事はあるけれど、つい後回しにしてしまう……。そんなこと、ありませんか? 「まだ時間があるから」とか「モチベーションがイマイチ上がらない……」などと言い訳をしていると、納期はあっという間にやって来ます。直前で焦らない人になるには、どうするべき? すずまり姉さんに教えてもらいましょう。

(登場人物)

やる子(30歳)すずまり姉さん(40代)
左:やる子(30歳)/仕事に対しては真面目で、やる気も十分なのに、なぜかいつも空回り……。ミスやムダが多く、残業しているのは自分だけという状況もしばしば。

右:すずまり姉さん(40代)/効率よくスマートに仕事をこなす。過去に数多の過ちをやらかした経験からミス、ムダ、残業を忌み嫌う。厳しさと愛をもって全力で後輩を指導中。

気分が乗らないから後回し…。それだと仕事は終わりません!

 月末が近づくにつれ、慌ただしさを増す日経YARUKI社オフィス。いつも通りの光景ですが、なぜかやる子は心ここにあらずといった様子です。

やる子 「あ~あ、すずまり姉さんがいないとつまらないなぁ。早く出張から帰ってくればいいのに」

 そう言いながら、スマホを取り出して操作し始めたところで、突然の着信! 画面に表示された「すずまり姉さん」の文字に驚き、やる子はうっかり「拒否」をタッチしてしまいました。

やる子 「うわ、間違えた! マズイ……」

 慌ててかけ直そうとしたものの、もはや手遅れ。間髪を入れずに、再びすずまり姉さんから電話がかかってきます。恐る恐る応答したやる子の耳に入ってきた、彼女からの第一声は……。

すずまり姉さん 「……電話、拒否ったでしょ」

やる子 「ひっ! 姉さん、すみません! スマホ触ってたところだったから、操作を間違えちゃって……」

すずまり姉さん 「ほほう、この忙しい時期にスマホですかい。ずいぶん余裕あるようだけど、例のプロジェクトの件は進んでるの?」

やる子 「あ、いや、それが、どうにもモチベーションが上がらなくて。でも、明日からちゃんと取りかかりますから!」

すずまり姉さん 「明日から……? あ~た、それじゃダメダメよ。今日、帰る前に手を着けなはれ。そしたらサクサク進むんだから」

やる子 「ん? どういうことですか? 教えて、すずまり姉さん!」

「あの仕事、なんだか重くてやる気がねぇ…」 (C) PIXTA