「大きさを判別できない」「大きい石が多い」と嘆く前に

優先順位はマトリックスではなく、数字で考える

 「それでも優先順位を付けられない」という人もいるかもしれません。でも、「今日中に絶対やるべき仕事を、一つだけ選んでください」と質問されたら、きっと答えられるはず。このように数値化して順位を付けるようにすれば、前述のマトリックスで考えるよりも優先順位がクリアになりますよ。

大きな石=大切な仕事は、1日の数に目安を設ける

 バケツが大きな石で満タンになるなら、キャパオーバーということ。この状況を回避するのは簡単で、1日に行う仕事の数を設定しておけばよいのです。仕事の内容や各人の許容量にもよりますが、私の場合、大切な仕事は1日当たり二つまで。もちろん、電話やメールといった通常業務は行いますが、柱となる仕事をするには、二つが私の限界です。ついTo Doリストを盛り過ぎてしまう方は、こうした点にも注意してみてください。

人には限界があります