結婚式やパーティーなどのお呼ばれの席で、ヘアもドレスもばっちりキメているのに、メイクだけ普段と同じになっていませんか? 「跳ね上げアイライン」「一日中崩れないベース」「ハイライトで写真映え」で、いつものメイクをアップロードしましょう。

オフィスメイクとは違う、写真映え・ドレス映えするメイクを教えます

 ヘア&メイクアップアーティストの菊地身季慧さんは、「ドレスの華やかさに対して、地味過ぎるメイクの人が多い印象。ポイントを絞ってメイクを変えるだけで、ドレス映えする洗練されたメイクに仕上がる」と言います。自己流だと、どうしてもリップやチークを濃くする方向に行きがちですが、全体の印象を華やかにするポイントがあるそうなので、早速教えていただきます!

メイク前の丁寧なスキンケアで一日キレイが続く

 相手に好印象を与えるのは、ポイントメイクよりも肌ツヤ。なるべくお直しで席を外したくないお呼ばれの席では、長時間崩れないメイクが求められます。ヨレ、テカリ、くすみを防ぐには、朝メイクをする前のスキンケアが大切です

 化粧水や美容液、乳液は、それぞれ二度付け、三度付けをして、丁寧に保湿をします。シートマスクやコットンパックをするのもオススメです。肌がふっくらとなるまで保湿をしたら、表面のぬる付きが落ち着いてからメイクを開始しましょう。肌作りを丁寧に行うと、ベースメイクの美しさも持ちも変わってきます