日経ウーマンオンラインと働く女性のための転職サイト「日経WOMANキャリア」は、転職についてのアンケートを実施しました。働く女性704人から得た回答を基に、日経ウーマンオンラインでは「働く女性の転職白書」を発表! 第3回の今回は、転職したい理由や転職の決め手などを紹介します。

働く女性の転職白書

第1回 転職白書 女性の7割が転職希望「時間と勇気なく我慢」
第2回 転職白書 一番人気は事務系 憧れ業種は意外なあの業界
第3回 転職白書 女性の転職の決め手 福利厚生より「未経験可」(今回はここ)
第4回以降は順次公開予定

【調査概要】
2016年11月7日~12月4日、日経ウーマンオンラインと日経WOMANキャリアのサイト上で調査を実施。日経ウーマンオンラインを通じて回答した回答者389人、日経WOMANキャリアを通じて回答した回答者315人、計704人の回答を得た。属性は、独身59.4%、既婚(子どもあり)19.3%、既婚(子どもなし)15.3%。年齢は25~39歳が62.1%。居住地は、東京都28.1%、神奈川県12.9%、大阪府7.8%。会社員(一般職)61.8%。

 「働く女性の転職白書」レポート第1・2弾では、働く女性の約7割が「転職したい」のに「我慢」していることや、転職先として人気が高いのは「食品、医薬、化粧品」業界、「事務」職ということが分かりました。第3弾では、転職したい理由や転職の決め手などを紹介します。

働く女性が転職したいと思う理由は… (C)PIXTA

これまで転職を考えたことがある人は7割以上も

 「現在、転職したいと思っていますか」の問いでは、68.9%の人が「非常にそう思う」「そう思う」と回答しています。


 また、「転職をしたいと思ったことはありますか」と聞いたところ、「真剣に考えたことがある」(41.1%)、「やや考えたことがある」(30.6%)を合わせて7割を超えました。

転職をしたいと思ったことはありますか? (単一回答)
小数点第二位以下を四捨五入しているため、合計は100.1%になります

 現在も含めて、これまでも働く女性は仕事をするうえで、いつも「転職」への関心が高いことがうかがえます。