前回、キャリアカウンセラーの錦戸かおりさんに「BE」「DO」を意識して「自分軸=私にとって、一番大切な事」を見つける方法について具体的に手ほどきしてもらいました。「自分がどうありたいか」を深掘りし、「そのためには何をするのがいいか」と考えていく。「自分軸」が明確になれば、周りの雑音に振り回されることなく、ブレない、後悔しない選択が可能になるというお話――。

 「もちろん自分軸がなくても転職自体ができないわけではありません。ですが、1日の大半を占める仕事の時間が自分にとって本当にやりがいや満足感を得られるものになれば、人生はもっとハッピーになると思いますよ」

【これまでの関連記事】
■現状維持はムリだけど「ラクに楽しく幸せに働く」方法
■「悩める」はスキル 転職で解決できるか見極める方法
■納得感がある「本当になりたい理想像」の見つけ方

仕事の時間で満足感を得られれば、人生はもっと幸せになる  (C) PIXTA

 「BE」「DO」により、「自分の心が本当に望むもの(状態)」を見つけたら、次にそれを「仕事」に落とし込んで考えていきましょう。

 準備するのは、紙とペン。そこに、これまで自分が携わった「業務内容」を書き出していきます。「あれ? それって単なるキャリアの棚卸しでは……?」と思ったアナタ。違いはここからです。

 まずは、一つ一つの業務内容に対し、「業務」と「環境」の記入欄を作ります。そして、業務の欄には、「その業務の好きなところ、嫌いなところとその理由」を書き、環境の欄には、「その業務に取り組んでいた時の環境はどうだったか。それぞれ好きだった点、嫌いだった点とその理由」を記入していくのです。