「みなさん、モヤモヤしていますよ。転職相談に訪れるアラサー女性のみなさん、とにかくモヤモヤしています」と話すのは、27歳前後の働く女性の転職やキャリア支援を行っているShiftでキャリアコンサルタントを務める松本恵氏だ。

モヤモヤの原因は、「このままでいいのだろうか…」

 「何にモヤモヤしているかというと『このままでいいのかな…』ということでしょうか。『このままの会社でいいのか、このままの仕事でいいのか、このままの働き方でいいのか』と。大手企業にお勤めで、20代で年収800万円近くあるという、傍からは恵まれて見える女性ですら、モヤモヤしています」。

 中には、結婚というライフイベントを目前にして、勤務地や働き方を変えたい、と訪れる人もいるが、モヤモヤを抱えて同社を訪れるアラサー女性には、当面、結婚や出産の予定はない人たちも多いという。

 同社社長の水澤直人氏は、「今のアラサー女性は『結婚しても、子どもが生まれても正社員として働き続けたい』と考えている人が多い。だからこそ、みなさん転職を考えているのです」と話す。この「働き続けたいからこそ転職したい女性たち」をサポートしたいと、女性に特化した人材紹介業として1年前会社を立ち上げた同社は27歳をメインターゲットとしている。

 なぜ27歳なのか。

27歳は、転職適齢期

 「27歳の女性は、結婚、出産といったライフイベント5秒前という状態なんです」(Shift水澤氏)。

(C)PIXTA

 東京都の女性の結婚平均年齢は約30歳、確かに今、予定がなくても、いつそうした展開になるか分からない年頃だ。「30歳で結婚すると仮定すると、27歳はちょうどその3年前。結婚、出産後も、働き続けるためには、それが可能になる環境と信頼を整えておかなくてはなりません」(Shift水澤氏)。