転職活動を進めるうち、「本当にこの会社でいいのかな?」「この会社、大丈夫かな?」などと、ふと不安になる瞬間があります。キャリアアドバイザーの藤井佐和子さんは、「そうした違和感は見過ごさず、大事にしてほしい」と話す。転職で失敗しないコツを聞いた。

辞めたい思いが強すぎるのが失敗のもと

 転職をしてみたものの、思っていた仕事と違ったり、会社の雰囲気が合わなかったりして、「こんなはずではなかった」「失敗したかも~」と、相談に訪れる女性もいます。そうした方の中に多いのが、前職が嫌で嫌で仕方なく、「一刻も早く辞めたい」という気持ちが強すぎて、先のことをよく考えずに転職してしまうパターン。目の前の問題を解決したい一心で、転職してどんな働き方をしたいのか、将来どんなキャリアを描いていきたいのか、といったことをよく考えず、「内定が出たから」と転職してしまうのです。

(C)PIXTA

 こうした方の多くが、どこかの段階で「おかしいな」「怪しいな」といった違和感を感じていた、と話します。しかし、「早く辞めたい」という気持ちが強すぎるために、そうした違和感をなかったことにし、「そんなに悪い会社ではないはず」などと自分に思いこませて、転職を急いでしまいがちなのです。

 このように「今の仕事を辞めたい」気持ちだけで転職すると、冷静に求人を見たり、応募先の企業を選択したりすることができなくなります。早く辞めたいからと、慌てて転職活動するのではなく、しっかりと自分のキャリアのビジョンを持ち、その上で自分にあった応募先企業をじっくり選ぶことを心がけてほしいです。

 では、転職活動を失敗した多くの方が感じていたという「おかしいな」「怪しいな」といった違和感というのは、どのようなものなのでしょうか。