前職とは全く違う、小さなデザイン事務所

 実物のポートフォリオを持参して面接に赴くと、営業担当が社長ともう一人、あとはデザイナーが約10人という小さなデザイン事務所だった。

 パッケージデザインだけでなく、広告や販売方法を含めた提案によりヒット商品を生み出すなど、多くのクライアントを抱えていた。杏子さんは「残業もそこまで多くなく、結婚している私も仕事と家庭を両立しやすそうだと感じました。社長もとてもいい方で、『お給料も前職より上げますよ』と言ってくれたので、こちらに決めました」

 この事務所では、定年などで辞めたデザイナーが複数いたために、5年ぶりに募集を行ったということで、杏子さんと共にもう一人が採用されたという。

「両立しやすそう」というのも一つの決め手となりました 写真はイメージ (C) PIXTA

40代になっても続けられるキャリアを探して

 「デザイン事務所によっては、若いデザイナーを酷使して使い捨てにするようなところもあるのですが、今の事務所には40代以上の社員もいますし、何より定年まで働いた人がいるというのは心強いですね。私も長く働けそうだなと、そこに魅力を感じました。

 結婚して30代を迎えて、妊娠や出産についても考え始めています。そうしたライフイベントをふまえて自分のキャリアを考えると、長く働き続けられそうな職場を選びたいなと思いました。今は、イラストを描くなど、新たな仕事にも挑戦できて楽しいです」と話す杏子さんは、30代の転職に満足げだった。

文/井上佐保子 写真/PIXTA

この連載は、毎週月曜日に公開しています。下記の記事一覧ページに新しい記事がアップされますので、ぜひ、ブックマークして、お楽しみください!
記事一覧ページはこちら ⇒ 【アラサー世代の転職指南塾】