アラサー世代は転職適齢期。今すぐ転職したい派もいつかは転職したい派も、ちょっと気になるイマドキの転職にまつわる疑問をQ&Aにまとめました。連載記事と合わせてぜひ読んでみてくださいね。

Q1.30歳までに転職したほうがいいの?

A. 答えは「イエス」

 転職エージェント3社に取材したところ、いずれも「やはり30代よりは20代、基本的には若いほうが有利」という回答。理由は「少子化の進行により、新卒、若手の採用が難しくなってきているから」。といっても、29歳と30歳で大きな違いがあるわけではありませんが、30代に入ると仕事のスキル、専門性、過去の実績が求められるようになります。自分の「強味」を生かした転職活動を進めるようにしましょう。


ズバリ、教えて! 転職の素朴なギモン10! (C)PIXTA

Q2.英語力は強みになりますか?

A. 当然、英語力がないよりはあるほうが有利ではあるものの、圧倒的な差別化ポイントにはなりにくいそうです。

 理由は、英語ができる人が増えてきていて所持するTOEICの点数も平均的に上がってきている一方で、高い英語力が求められる仕事はそれほど多くないから。差別化をするなら、英語を使って実際に仕事をした経験や、積極的に英語を学ぶ姿勢、意欲などもアピールポイントにしていきましょう。では、今、転職市場でニーズの高い人はどのような人なのでしょうか?