「ステップアップして、もっとやりがいのある仕事をしたい」「将来を考えて子育てと両立しやすい会社に転職したい」「このままじゃいけないと思うから転職したいけど、給料が下がるのは嫌……」。今の仕事に対してモヤモヤしているけど、一歩が踏み出せない。隣で一歩踏み出した人がまぶしく映る。そんな悩めるアラサー読者たちのために、10万部超えのベストセラー「転職の思考法」著者の北野唯我さんが「アラサー女性に向けた転職の思考法」を特別指導。転職への迷いや焦りをスッキリ解決していきましょう。

「『私なんか無理』と思う前にできることがあります。それが、自分の市場価値のあぶり出しです」

「転職なんて無理」と諦める前に

 「転職を戦略的にできるのは、一部の意識が高いキラキラ女子だけ」「自分には転職できるほど市場価値がない」「だからもう今の職場にしがみつくしかない」こんなふうに自分に自信が持てず、転職したくても一歩を踏み出せずにいる人は、どちらかというと女性に多いようです。

 アラサー世代の女性は、近い将来、結婚や妊娠、出産などのライフイベントによってキャリアが中断されるかもしれないという懸念もあり、どうしても守りに入ってしまうところもあるかと思います。

 もちろん、今の職場のままでも満足、という場合は無理に転職を考える必要はありませんが、一歩を踏み出せない理由が、こうした「自信のなさ」にあるのだとしたら、もったいないように思います。

 「私なんか無理」と諦めてしまう前にできることがあります。これまでの仕事経験から自分の市場価値はどこにあるのかをあぶり出すことです。今後のキャリアはどのように築いていけばいいのか、一人で考えても分からないことも多いと思います。何から始めればいいのか、一緒に「キャリア設計」を考えていきましょう。

「レア度」を高めるキャリア設計を考える

 まず押さえておきたいのは、市場価値というものは、あくまでも相対的に決まるものだということです。

 英語が得意でTOEICで800点を持っているとしても、周囲に同程度のスキルを持っている人がいたらそれほど価値はありません。しかし、英語が堪能な上にプログラミングもできる、といった専門性が加わると「レア度」が高まり、一気に市場価値が上がります。市場からの需要が高いのになかなかいない、「レア」な存在になればなるほど価値が高まる、というのが市場価値というものです。

 つまり、どうやって「レア度」を高めるか、ということが市場価値を高める上でのポイントとなります。市場での「レア度」をどう高めるかを考える上で、参考にしてほしいのが、

「キャリアは20代では専門性、30代では経験、40代は人脈が重要となる」

 という考え方です。

 なぜ20代は「専門性」なのかというと、「専門性」というのは、誰でも学べばある程度獲得可能なスキルだからです。