なんとなく「転職したいなー」とは思っても、「転職したら、お給料は下がってしまうの?」「転職するのに、一番いいタイミングは?」「未経験の仕事に転職するには?」など、初めての転職は、いろいろ分からないことだらけです。そこで、キャリアコンサルタント歴20年以上、1万人の女性たちの背中を押してきたハナマルキャリア コンサルタントの上田晶美さんに、アラサー転職にまつわる素朴なギモンをぶつけてきました。

■前回の記事
転職するなら2018年がいい理由 自信がない人は?

Q:転職はしてみたいのですが、自分に向いている仕事は何なのかが分かりません

A:これまで、そういう方の相談にも多く乗ってきました。自分がやりたい仕事、向いている仕事が分からない、という方は、まず自分のことを見つめ直してください。適職を探るには、「好きなこと」「経験」「ニーズ」の掛け合わせで考えていきます。

 例えば、こんなワークシートをやってみてはいかがでしょうか?

(1)自分が好きなこと(仕事・サークル・趣味など)
(2)過去の経験(仕事・サークル・趣味など)
(3)(困っている)誰の役に立ちたいのか

について考え、思いつくままにいくつでも書いていきましょう。

3つの掛け合わせで見えてくる (C) PIXTA

 この中で一番重要なのは「誰の役に立ちたいのか」という部分です。初めて仕事をするときは「自分のために働く、自分の成長のために働く」という意識が強く、あまり「誰の役に立ちたいのか」ということは意識しなかった、という人が多いのではないでしょうか。ですが、働き続けるうち、「仕事は誰かのためにやっている」ということが分かってきて、「人の役に立てる喜び」を感じられるようになってきます。「誰の役に立ちたいのか」という部分を意識すると、適職が見えてくると思います。