写真投稿アプリ「Instagram(インスタグラム)」にすてきな写真を投稿できるようになりたい――そんな皆さんに、知っているようで知らないワザをお伝えする連載「あこがれインスタグラム入門」。今回は、写真を撮る際の「視点」についてのお話です。これをきちんと押さえておくと、写真の印象がガラリと変わりますよ。

 この連載も第6回を迎え、皆さんもだいぶインスタグラマーに近づいてきたのではないでしょうか? (近づいてきたと願っております!)

 今回のテーマは、「視点」。

 数センチだけ、視点をずらすこと。普段見ている視点とは違う角度で対象物を見ることで、普通の写真がインスタ映えする写真に大変身するんです。

 では、どのような視点から撮ればいいのか? 今回は、「視点ずらしテク」を学んでいきましょう。ちょっとコツは必要ですが、覚えてしまえば効果絶大です!

「ピント」を合わせる大切さ

 近年巻き起こっているヴィンテージブームで、あえてピントがボケている写真を撮影している人がいます。でも、それはかなりの上級者テク。まずは基礎である、ピントを合わせることから始めましょう。

 iPhoneで写真を撮影する際に、画面をタップすると四角い枠と、その隣に太陽のようなマークが出てくると思います。

画面をタップして表示される枠と太陽マークに注目

 これはピントを合わせる際に必要なカメラの機能。画面をタップして、フォーカスする(焦点を絞る)という作業は、写真を撮影する際に非常に大切な工程となります。

 ピントを合わせて写したい物を明確にした写真と、しなかった写真を見比べてみると、フォーカスの大切さが分かります。例えば、ケーキを主テーマとしたいとき、ケーキにピントが合っていないと残念な結果に。

どこにピントが合っている?
上の写真は手前のケーキではなく、奥にあるコーヒーカップにピントが合っている状態、下の写真はケーキにピントが合っている状態になっています

 最近のスマートフォンのカメラは非常に性能が良く、自動的にピントを合わせてくれるオートフォーカス機能が働きます。通常はとても便利なのですが、場合によっては、ピントを合わせたくない所、自分が意図しない所に「勝手に」合わせてくれてしまうことも。

 本当に写したい物がぼやけてしまう事象を防ぐために、ピントをどこに合わせるのか、自分で操作することもときには大切です。