持っていなくてもほかの機能で代用できるけど、持っていると便利さが増し、さらによい写真が撮れる――次はそんなアイテムをご紹介します。

(3)遠隔シャッター

 前ページでご紹介した自撮り棒またはミニ三脚を使う際、スマホのシャッターボタンを自分で押すことが難しいシチューエションになったら、どのように撮影すればいいのでしょうか?

 方法は、簡単。以下の二つの方法になります。

・スマホに内蔵されているセルフタイマー機能を使う
・遠隔シャッターを使う

全身を撮りたいときに活躍するのが遠隔シャッター

 まずは、スマホに内蔵されているセルフタイマー機能を使用します。しかしこの場合、自分でシャッターボタンを押してから、設定した時間内にポジションに着きます。スマホをセットする場所によっては、間に合わないこともしばしば……。また、複数枚を撮る際、いちいちスマホのところに行っては撮影ポジションに戻り……を繰り返すのもなかなか大変です。

 そんなとき、遠隔シャッターがあれば、この大変さがかなり軽減されます。Bluetooth 搭載のものが多く、スマホを置いた場所から離れていても、シャッターを切ることができます。

実は、遠隔シャッターを握っています。さりげなくシャッターを切って、視線ずらしの写真が完成!

 自分の好きなタイミングで、お気に入りのポーズが決まったときにシャッターを押せばOK。旅先では、風景と一緒に記念撮影したくなるシーンが多くあります。スマホが遠いところにあっても、手元にあるシャッターを押せば簡単に写真が撮れるので、持っていて損はないアイテムです。