日本では出産を機に約6割の女性が仕事を辞めており、結婚・妊娠・出産によって働き方を変えざるをえない人が多いと言われています。実際、働き方を変えながら仕事を続けてきた先輩女性たちは、いつ、どんなことでキャリアに悩み、行動してきたのでしょうか。また、壁となる背景にはどんなことがあるのでしょうか。

 企業と総合職女性のマッチングサービスを行い、フレキシブルな働き方を提案しているWaris登録者のアンケートから読み取っていきます。

前回の記事「働き方を変えたいのはなぜ? 総合職先輩女性の生の声

■アンケート
平均年齢38歳 先輩ワーママ達の働き方のリアル
・調査時期:2015年12月17日~2016年1月8日
・調査対象:Waris登録者(登録者約2500人のうち202人が回答)
・平均年齢:38.1歳(大卒76%、既婚91%、子どもあり82%、管理職前後の総合職女性が中心)

Q.これまでに退職・転職・独立を検討したことはありますか?

 実に100%近い女性が退職・転職・独立を考えていました。転身を検討した時期を年代別に聞いてみると

Q.退職・転職・独立を検討した時期は?
【20代のとき】

20代で検討した時期:平均26.2歳

【30代のとき】

30代で検討した時期:平均34.3歳

 どの年代でも圧倒的に転身を考える女性の方が多くなっています。その具体的な理由とは何でしょうか。