キレイも、キャリアも、ハッピーも手に入れる! 自分らしく輝く、すべてのワーキングウーマンのための総合イベント「WOMAN EXPO TOKYO 2017」が、5月20日(土)、21日(日)に東京ミッドタウン(東京・六本木)で開催されます。講演・セッションでは、多様な分野で活躍している女性たちの体験談や悩みの克服法などを聞くことができます。21日(日)には、みずほフィナンシャルグループでキャリアを築いている二人の女性リーダーがトークセッションを行います。仕事も家庭も両立させながらキャリアを重ねる女性リーダーの経験談は、きっとあなたのキャリアパスの参考になるでしょう。
 今回は、そのうちの一人、営業職で活躍する田中智美さんにお話をお伺いしました。

同期の男性行員が輝いて見えた

 みずほ銀行日本橋支店の個人営業課 課長である田中智美さんは、入行時から個人営業畑一筋。現在は、日本橋に拠点を置く企業のオーナーや上場企業の役職員をお客さまとして、資産運用から資産承継、事業承継などの相談にも乗るチームのリーダーを務めています。

みずほ銀行日本橋支店 個人営業課 課長 田中智美さん

 「高齢化社会の中で個人営業のマーケット拡大は確実。仕事とともに自分が成長していきたい」と銀行での個人営業を選んだ田中さん。成績はトップとなり、さらに意欲的に業務に取り組んでいた頃に妊娠。当時の上司は田中さんが女性活躍のモデルケースになってほしいと、産休・育休までのスケジュールを一緒に考え、組んでくれました。会社に必要とされていることを実感した田中さんは、 産休・育休後に職場復帰しました。

 しかし、「復帰後の1年間はつらい時期でした」と田中さんは振り返ります。出産前に支えてくれた上司は異動していて、さらに夫の仕事が繁忙を極めるタイミングと重なり、乳児を保育園に預けて働く田中さんは、仕事と育児の両立に苦慮します。また、同期の男性行員から初の課長昇進者が出たのに、自分はキャリアアップする状態にはほど遠い。自身に比べ、彼らが輝いて見えたといいます。

 「東日本大震災の時は、交通機能が停止した中、保育園まで歩いて娘を迎えに行きました。仕事があったためにすぐに駆け付けられなかったので、こんな大変なときに、幼い娘を待たせていいのかと、つらかったです。仕事が多忙な夫をサポートできないことも不本意でした」(田中さん)。