「医療費が10万円を超えたら医療費控除」―確定申告シーズンになると、よく耳にする10万円という金額ですが、これが当てはまらない人がいることをご存知ですか?

 実は、給与収入が約311万円までなら、1年間の医療費が10万円を超えなくても、医療費控除が使えるのです。

10万円を超えなくても医療費控除が受けられる人がいます (C) PIXTA

医療費控除のキホン

 医療費控除とは、1月1日から12月31日までの1年間に、家族全員の医療費の合計額が「高額」になった場合に、確定申告をすることによって利用できる控除です。会社員なら、既に納めた所得税の還付を受けることができますし、翌年の住民税が減額されるので、医療費が「高額」になった場合は、確定申告をすると税金が安くなります。

<医療費控除の計算式>
その年に実際に支払った医療費の合計額 - 保険金などの受け取った金額 - 10万円