「もしものときのお葬式代としても使えるし、将来の貯金にもなりますよ」という言葉に魅力を感じ、「終身保険」という死亡保険に入るシングル女子が少なくありません

(C)PIXTA

貯金になると思って入る人が多い「終身保険」

 終身保険とは、漢字の通り“この身が終わるまで”の保障ですから、あなたが亡くなるまで、保障は一生続きます。いつかは必ず支払った保険料よりも多い死亡保険金を受け取りますが、そのお金を受け取るのは、あなたではなく、死亡保険金受取人となるあなたの遺族です。あなた自身がかけた保険金額を受け取れるのではないので、まずは、誤解しないようにしてくださいね。
(時々、払い終わったら死亡保険金と同額のお金をもらえると思っている人がいらっしゃるのです)

 さて、「独身だし、親にお金を残す必要もないから、死亡保険はいらない」と思う女性でも、「掛け捨てではありませんよ」とか、「解約返戻金が貯まるから、老後の貯金にもなりますよ」というトークには心魅かれるようです。事実、終身保険に加入した動機を聞くと「貯金になるって聞いたから」という回答が多いのが現実です。

 でも、本当に「貯金」なのでしょうか?