子どもの頃、学校の先生から「家を出てから帰るまでが遠足ですよ」と言われたことをがありませんか? 海外旅行保険もこれと同じ。

 海外旅行保険は、朝「いってきま~す」と家を出てから、海外を経て、家に帰りつくまでの期間を補償してくれます。つまり、海外旅行保険に入っていれば、家を出てすぐに骨折しても、海外旅行保険で治療費が賄えるのです。

海外旅行保険はいざというときに使えないこともある落とし穴も……(C)PIXTA

空港で加入してもいいの?

 最近は、空港で自動販売機タイプの5分程度で手軽に入れる海外旅行保険もありますが、国内にいても家を出てから補償がある方が何かと安心です。事前に加入しても、空港で加入しても、保険料が同じなら少しでも補償期間が広くなるように、海外旅行保険は前日までに加入しておきましょう。

いざというときに使えないこともある落とし穴

 海外旅行保険は、クレジットカードについているものもあります。

 「クレジットカードを持っているし、クレジットカードには海外旅行保険がついているって聞いたから大丈夫!」と思いこんでいませんか?

 実は、クレジットカードについている海外旅行保険は、2つのタイプがあります。

(1)クレジットカードを持っているだけで補償があるタイプ

(2)クレジットカードで旅行代金などを支払った場合に補償があるタイプ

 (1)の持っているだけで補償があるタイプなら安心ですが、あなたがあてにしていたクレジットカードの保険が、もしも(2)のタイプなら、クレジットカードで旅行代金を払っていないと海外旅行保険は使えません。(2)のタイプは、日本にいる間にその旅行にかかる旅行代や飛行機代、電車代などをクレジットカードで支払っていないと、保険が使えないのです。

 クレジットカードの保険を頼りにするときは、その条件までしっかりと確認しておいてくださいね。