投資をするときの不安症状でよくあるのが、「損したら嫌という気持ち」ではないでしょうか。そこで、そんな投資不安症に効くノウハウをご紹介しましょう。

気持ちをプラスに持つために

 株式、投資信託、外貨。これらに共通するのが、商品の値段が日々変わること。だからこそ、投資したものが成長する楽しみがあり、期待通りに値上がるとうれしいものです。

値上がりすればうれしいけれど、値下がりしたら震えますという人のために (C) PIXTA

 でもその一方、値下がりが不安というのも、投資をするときの正直な気持ちでしょう。値下がると気持ちは暗くなるし、値動きは見たくないし、投資した自分の行動を後悔したり、場合によっては投資そのものが嫌になってしまったりします。

 でも、投資の方法によっては、買った商品が値下がっても、「今は、仕入れどき!かき入れどき! 安く買えてよかった!」と思えるかもしれません。そんな、不安に効くお薬となるノウハウを紹介します。