前回の記事「あのシェリルも経験 働く女性は自己評価を見失いがち」では、女性が陥りやすい思考癖について紹介しました。自分の成果を、運や周りの人のおかげだと思い込み、自己評価が低くなりすぎるというのがインポスター症候群です。

 では、自分の価値を低く見積もりやすい人は、何をすれば自分の価値を再認識し、相手にアピールできるようになるのでしょうか。

他者と比較することで過小評価してしまう

 第一回のコラム「感情で判断して後悔した女子に経済学が効く理由」にも書きましたが、1万円を稼ぐにしても、世の中にはいろんなお金が動いていて、いろんな利害関係者が関わっています。でも、自分の給料水準を直接的に決めるのは人事部や上司……と、目の前の相手の影響力が非常に大きいもの。その目の前の相手に、自分の価値を感じてもらうためにも、自分で自分を正しく評価することが大切なのです。

 自分を過小評価してしまうのは、自分よりもうんと優秀な人に出会ったり、これは得意だぞ! と思える分野だったはずなのに、その分野でもっとすごい人に出会ったりと、「他者と比較」することが原因です

(C)PIXTA

 でも、よーく考えてください。第一回で書いた通り、私たちの世界はヒト・モノ・カネは有限です。どんなに優秀な人がいたとしても、その人だけで世界は回りません。私は、こういう時こそ、経済学でいう「比較優位」を考えて、自分の価値を再認識してみるいいと思うのです。

 世の中には、顔もスタイルも頭も性格もいい、おまけに料理も上手いなんて人がいるわけです。何でも周りの人よりできてしまう人がいるのです。一方で、「私には何一つ得意なことがない」と悩んでしまいがちな人もいます。そんな二人がいたら、どうしたらいいか。