趣味と彼氏は分けられる

 確実に成立しますね。この男女間の友情は成立するかどうかって問題自体が、女性蔑視的なニュアンスを含んで言われることが多いと思うんです。よく男性側が「成立しない」って言うのですが、その理由は「友情の先に男は下心があるから」だそうで。

 でも、下心があったら友情が成立しないということはない。極論セックスをしたとしても、お互い趣味だったり仕事のことだったりを話すのが楽しければ、友情は続くことが多い。大人だったらなおさらです。

 要するに「女と話してもつまらない、でもセックスしたいからとりあえず話に付き合っている、女に対してはセックスしか求めていない、だから男女間に友情は成立しない」ということを言っていることが多いんです。女の話は男に比べてつまらないという、男から女へのマウンティングですよね。でも、「話が面白い面白くないを性別で区切るぐらい視野の狭い君の話はそもそも絶対面白くないだろ」って感じがしますが。

 男女間で興味のあるトピックスに偏りはあるかもしれないけど、どの趣味だって性別で区切れるものじゃないですよね。例えば私がやっているボードゲームも、男もやれば女もやるわけで。一緒にゲームをやって楽しい時間を共有できたなら、ほのかに下心を持とうが持つまいが、性欲ではなく、また遊びたいという友情は生まれます。

 とはいえ、「長く友達でいたい」と思うような相手なら、安易なセックスはオススメできませんが。セックスしてどちらかに恋愛感情が生まれてしまったら友情を保つのは難しいですもの。趣味と彼氏は分けられます!

「趣味と彼氏は分けられますよ」

文/小泉なつみ 写真/小野さやか イラスト/犬山紙子

この連載は、毎週木曜日に公開。がんばるあなたに向けたメッセージ、読み逃してない?
記事一覧ページはこちら ⇒ 【犬山紙子のあたまのなか】