今年お子さんが誕生し、ママとなった犬山さん。結婚・出産を経た今、新たな交友関係の築き方を発見したそうで……。

連載のバックナンバーはこちらから ⇒ 犬山紙子のあたまのなか

「子どもが生まれ、交友関係はむしろ増えました」

――14年に結婚、今年1月に第一子誕生と、ここ数年で大きくライフステージが変化されたかと思いますが、それによって交友関係にも変化はありましたか?

 私は結婚後も仕事を続けていたので大きな変化はあまりなかったのですが、男性とはより付き合いやすくなりました。お互いを全く恋愛対象として見なくていい、考えなくていいというのは本当に楽なので。それまでも、男友達を意識することは別になかったけれど、解放された感じがすごくあって。これは、世の中にある「結婚プレッシャー」からの解放だった気がします。それだけ、世の中の結婚しないことへのプレッシャーがすごいのかと思いました。そんなものなくなればいいんですがね。

 男友達とは、夫も一緒にモンハンをやったりしていて、私・犬山と旦那・劔(つるぎ)で「いぬつる」と夫婦で認識されています。

 あとは、ライフステージが変わることで新たな友人や繋がりができた気がします。

――結婚・出産するとなんとなく交友関係が限定的になるような気がしていたので、それは意外です!

 夫が束縛するタイプだったリ、「妻とはこうあらねば」みたいに厳しく律するタイプの方だったりしたら、限定的になっていくかもしれませんね。

 あと、出産をきっかけに仕事を辞めた人は、どうしても一旦は自分の世界が小さくなってしまったと感じるかもしれません。あるいは、子どもを預けられない環境の人も、社会との接点の少なさを感じてしまいがちです。

 でも今は、SNSを使ってうまく外の世界とつながれるんですよね。