「休むこと」がパフォーマンスを最大化する

 「これが我慢できない自分はダメな人間なんだ」と自分を追い込んでしまう前に、違う職場の人や友人など、常に複数のコミュニティーとつながっておくことで風通しを良くしておくことも必要だと思います。

 一つの職場やグループにのみ所属している状態ではどうしても思考は偏ってしまうし、その場のおかしさに気付くことも難しい。三人寄れば文殊の知恵で、思いつめる前に周囲から解決策をもらえるような環境を常日ごろつくっておくことが重要じゃないかなと思うんです。特に入社したばかりの人は「会社が絶対」と思ってしまいがちですから。

 休むことは「ご褒美」でも「自分を甘やかしている」わけでもなく、人として当然の権利。だから感覚としては、「休むことはいいことだ」くらいでちょうどいいと思うんです。合理的に考えて絶対そのほうが仕事もはかどるし、すべてにおいて良いパフォーマンスができると思いますよ。

「働く女性の皆さん、一緒に頑張っていきましょう」

聞き手・文/小泉なつみ 写真/小野さやか イラスト/犬山紙子