自分のパジャマの襟元に、体臭を感じたことはありませんか――。加齢臭は男の人に限ったことではありません。程度の差こそあるものの、女性にも関わる問題。体臭に関する調査では約7割の女性が加齢による体臭の変化を自覚していると回答。最新の研究によると、若い女性には特有の「甘い香り」成分があり、35歳付近が曲がり角になるそう。どんなにおい対策を講じるといいのでしょうか。年を重ねても意識の高さが「香り美人」への近道となりそうです。

【調査概要】
オールアバウト、ロート製薬が共同調査
◎調査期間:2018年1月24日~1月30日
◎調査対象:首都圏在住の30~49歳の有識者の女性
◎有効回答数:1101人
◎調査方法:インターネットリサーチ

周囲を不快にさせないにおい対策していますか? (C)PIXTA

女性の約8割が「体臭に悩み」

 暑くなってくると、気になり始める体臭。アンケート調査の結果、約8割の女性が体臭の悩みを抱えていることが分かりました。どんな臭いなのか具体的に聞いてみると、汗、わき、デリケートゾーン、足、頭皮と続きました。

悩んでいるにおいと、実際に対策をしているにおい(n=1033、複数回答)
汗とわきのにおいは対策できていても、それ以外のにおいはきちんと対策できていない人は多いようです

 また対策をしているかどうかについては、約7割の女性が「対策をしている」と回答。ただし具体的にどんなにおいの対策をしているかを聞いてみると、汗、わきのにおい対策を講じている人が多いものの、デリケートゾーンや足、頭皮、加齢臭までは対策できていない人も多いようです。

「あれ、私におう?」が対策のきっかけ

 約7割の女性が実行しているにおい対策。対策を始めたきっかけは「自分で体臭に気付いたから」と答えた人が6割以上でした。

体臭対策を始めた理由(n=691)
自分で気付いたことがきっかけで体臭対策を始める人が多いようです

 そこで、自分のにおいを自覚したきっかけを尋ねたところ、「日中に汗をかいた時」が半数超えで最多となり、続いて「洗う前の洗濯物」「パジャマ、枕などの寝具」「コート、上着を脱いだ時」となり、衣類に残ったにおいから「もしかしてにおう?!」と気付いた人が多いようです。女性としてはちょっとショッキングな発見ですよね。

自分の体臭に気付いた瞬間(n=443)
汗をかいた時に体臭に気付く人が最多ですが、衣類に残ったにおいで気付く人も多いようです