今やダイエットの代名詞ともなったライザップ。そのライザップ式の運動&食事のメソッドを1冊に詰め込んだ「世界一下腹が凹む! ライザップ式ダイエットボール」(特別付録「ダイエットボール」付き/日経BP社)が発売された。その中から、きれいに痩せるためのライザップ式食事術をご紹介。

 ライザップの食事術は、「低糖質」と「高たんぱく」がキーワード。スイーツはもちろん、主食となるご飯やパン、麺類に加え、根菜、糖質の多いフルーツなどを抜くのが、一つ目の基本的なルールだ。糖質を抑えることによって、代わりに、体内の余分な体脂肪を燃焼させ、無駄な脂肪を減らしていくのが、その目的。「そんなのおなかが空いてムリ!」と思うかもしれないが、3食しっかり食べられて、間食もOKなので、ダイエットのつらさは比較的少なめ。

 糖質の代わりに食べたいのが、筋肉量を増やすためのたんぱく質。もちろん、野菜も忘れずに。肉や魚、卵などを食事の中心にすることで、筋肉を落とさず、脂肪を落としていこう。

 まずは「ライザップ式食事術のルール」を確認しよう。

1 糖質を避ける

 ダイエット開始から2週間は、主食となるご飯やパン、麺類に加え、スイーツ、根菜などを抜く。糖質は「1日50g程度」。ちなみに、白米茶碗1杯の糖質は約55g。ライザップが推奨するダイエットの期間は、2カ月。3週間目以降は「1日120g」まではOKだ。

2 たんぱく質を中心に3食しっかり

 1回の食事量は「一般的な定食からご飯を抜いた程度」。腹八分目で食べるのをやめるように心掛けよう。糖質の代わりに、お肉や魚などのたんぱく質を「1食25g」程度、積極的に取りたい。鶏肉なら約100g、刺し身なら約10切れが目安だ。

3 おなかが空く前に間食を

(写真はイメージ)

 体が飢餓状態に陥るとかえって脂肪をため込んでしまうため、ライザップでは、適度に間食をすることを推奨している。チーズやナッツ、無糖ヨーグルト、小魚、スルメイカなどがお薦めだ。とはいえ、食べ過ぎはNGだ。