最近ではフリーランスとして働く女性も増えてきています。自分のスキルを生かして、好きな仕事をすることができる半面、収入が安定しないのが玉にキズ。今回登場するのは、フリーランスで順調にキャリアを積み上げてきたにもかかわらず、突然仕事がなくなってしまった女性の相談です。突然リストラされた女性を前に、ファイナンシャルプランナーの高山一恵さんは、どんなアドバイスをするのでしょうか?

今回のお客様は、突然仕事がなくなってしまったフリーランスの女性。あなたなら、どうしますか? イラスト/北村みなみ
吉岡奈々さん(仮名) 35歳 フリーランスの編集者
年収700万円 一人暮らし
長所 美人で真面目
短所 ネガティブ思考

「35歳以上」だからリストラ!? 突然無職になる恐怖

 最近ではスキルを武器に、フリーランスという働き方を選ぶ人が増えてきているようです。ただ、マネーに関して、フリーランスの人たちに必要な知識はあまり知られていないのかもしれません。

 今回は、そんな「フリーランス女子」のお悩みがテーマです。

 相談者は、フリーランスで編集業務を請け負っている奈々さん・35歳。彼女は大手出版社の女性誌の編集部で働いていました。といっても社員ではなく、フリーランスという立場で業務を請け負う形で、その報酬は月60万円。ボーナスはありませんので、年収でいうと700万円ほどです。

 なかなかの稼ぎぶりだったのですが、私のもとにマネー相談に駆け込んだ時、彼女の月収はなんと5万円に!

 いったい彼女に何が起こったのでしょうか。

 奈々さんに話を聞くと、「編集長が代わって、ある日会社に行ったら、『契約は更新しません。2日後には新しい人が来るから、席を片付けてほしい』と言われちゃったんです!」と言うではありませんか。

 社員だったらこんなことはないかもしれませんが、彼女はフリーランス。この時、雑誌のターゲットとなる読者層を若くしたいから、35歳以上のフリーランス編集者は皆リストラされたのだとか。5年以上も働いたのに、です。

 もちろん、フリーランスなら、仕事がなくなったときのために貯蓄はしておくのが鉄則。奈々さんの貯金は普通預金で500万円あり、すぐに暮らしが立ち行かなくなるということはありませんでした。

 しかし奈々さんが悩んでいたのは、もっと深刻な、将来への悲観でした。