新入社員が入社してから、1カ月余りが経過。彼ら、彼女らもそろそろ会社になじんで、コミュニケーションがスムーズに取れてくる頃です。一方で、新年度の疲れが出てくるのもこの時期。「やる気が出ない」なんて言わせる前に、すずまり姉さん流の上手な褒め方を知っておきましょう!


(登場人物)

すずまり姉さん(45歳)ひよ子(24歳)やる子(32歳)
左:すずまり姉さん(45歳)/広報部長。社内を練り歩き、各部署の情報を巧みに収集しながら仕事術のレクチャーも行う。過去に数多の過ちをやらかした経験からミス、ムダ、残業を忌み嫌っている。

中:ひよ子(24歳)/入社2年目、やる子の後輩。女性活躍の追い風でキャリア意識が高く、やる気はあるものの失敗も多い。女子力高めのふんわりキャラだが若干不安定。悩んでは落ち込みを繰り返す。

右:やる子(32歳)/1年の間、すずまり姉さんの愛のムチを受けた結果、めでたくチームリーダーに昇進。しっかり者だが、中堅どころならではの悩みも多い。最近はキャリアに目覚め、日々精進中。

仕事を教えるだけじゃない! 後輩指導に必要なものとは?

 ゴールデンウイークが明けたばかりの日経YARUKI社オフィス。こうした長い連休が明けると、忙しい人と忙しくない人がくっきりと見えてきます。どうやら、やる子は前者のようで……。

やる子 「もう、休み明けって何でこんなに忙しいんだろう。浮かれ過ぎていないで、ゴールデンウイークに入る前にもっと進めておけばよかった。ねえ、ひよ子ちゃん? ……って、いないんかーい!」

 そう、この日、後輩・ひよ子はお休み。すっかり忘れて話し掛けた気恥ずかしさのあまり、やる子は一人ツッコミを繰り広げます。と、そこへカツカツカツ! とヒールを鳴らしながら、すずまり姉さんが登場!

すずまり姉さん 「ハーイ、ヤングマンたち、おげんこ? ……って、やる子しかいないんかーい! なんつって」

やる子 「ちょ、すずまり姉さん、まねしないでくださいよ。あと、ヤングマンももうやめて……。こないだ、姉さんが西城秀樹の『YOUNG MAN(Y.M.C.A.)』を歌い続けたせいで、ずっと頭から離れないんですから」

すずまり姉さん 「何よ。ヒデキ、かっこいいのに。そんなことより、ひよっこのひよ子ちゃんはお休み? まさか、五月病とか?」

やる子 「まっさかー! 体調不良とは言ってたけど、たぶん違うと思いますよ。どうせ遊び疲れっす。ゴールデンウイークは旅行だって言ってたし」

すずまり姉さん 「ちょいとやる子、ずいぶん乱暴な言い草ね。いくら忙しいからって、そんなにすさむのはよくないわ。この時期は辞めたくなる人だって増えるんだから。だいたい、ひよ子ちゃんのこと、ちゃんとフォローしてる? 仕事を教えるだけじゃダメだからね」

やる子 「え、教えるだけじゃダメなんですか? じゃあ、何をすれば……。教えて、すずまり姉さん!」

教えておしまい、ではないのです (C)PIXTA