部下や後輩を持つ立場になると、指示を出すことは日常茶飯事。この指示が分かりにくかったり、受け手の確認漏れがあったりすると、業務はスムーズに進みません。では、上手な指示出しとは? 指示を受ける側の取るべき行動と共に、すずまり姉さんが解説します!


(登場人物)

すずまり姉さん(45歳)ひよ子(24歳)やる子(32歳)
左:すずまり姉さん(45歳)/広報部長。社内を練り歩き、各部署の情報を巧みに収集しながら仕事術のレクチャーも行う。過去に数多の過ちをやらかした経験からミス、ムダ、残業を忌み嫌っている。

中:ひよ子(24歳)/入社2年目、やる子の後輩。女性活躍の追い風でキャリア意識が高く、やる気はあるものの失敗も多い。女子力高めのふんわりキャラだが若干不安定。悩んでは落ち込みを繰り返す。

右:やる子(32歳)/1年の間、すずまり姉さんの愛のムチを受けた結果、めでたくチームリーダーに昇進。しっかり者だが、中堅どころならではの悩みも多い。最近はキャリアに目覚め、日々精進中。

指示する側とされる側、どちらの不備でもミスする可能性が!

 梅雨入りが近づく空の下、楽しそうにおしゃべりしながら歩くすずまり姉さん、やる子、ひよ子。この日は仲良く3人でランチに出掛けたようです。オフィス近くのカフェに入り、メニューを見ながら再びおしゃべりスタート。

すずまり姉さん 「いや~、どれもおいしそうね。ヤングたち、何にするか決めた? 私はスパゲティにしようかな」

やる子 「すずまり姉さん、前にイカスミスパ食べながら『お歯黒どす』ってギャグやってたけど、もしやまた……?」

すずまり姉さん 「そうねぇ。それもいいけど、今日は白いジャケット着てるからやめとくわ」

ひよ子 「お歯黒って。フフッ、私、それちょっと見てみたいです」

すずまり姉さん 「あら、そう? じゃあ今度、見せちゃうわね。それはさておき、ひよ子ちゃん、仕事は慣れてきた?」

ひよ子 「実は先日、危うくミスしかけちゃったんです……。やる子先輩に頼まれたウーマン社さんへの資料送付、うっかり別の担当者さんに送りそうになって。いつも送っている人と違う宛て先だったなんて、思いもよらなくて」

やる子 「ああ、あれね。私もちゃんと伝えていなかったのかも……。ごめんね」

ひよ子 「いえいえ、そんな! 私もメモが取り切れてなくって、すみませんでした」

すずまり姉さん 「ちょいとお嬢さん方……。そいつぁ、いけませんや。指示を出す側と受ける側、どちらもそんなんじゃ、またミスしますぜ」

ひよ子 「広報部長、ど、どうして岡っ引き口調に……!?」

やる子 「あ、ひよ子ちゃん、おびえなくても大丈夫。いつものことだから。それより、あっしらはどうすりゃよかったんですかぃ?」

すずまり姉さん 「さすがやる子、食いついてくるわね。……よし、取りあえず食べながら、きっちりレクチャーしようじゃないの」

ごめんごめん、それ伝えてなかったよね……なんてことは、ない? すずまり姉さんが飛んで来るかも (C)PIXTA