自分の「生産性」について、考えたことはありますか? たとえ労働時間が長くても、成果が上がっていなければ、それは「生産性が低い」ということ。ひいては「価値が低い人」とのレッテルを貼られることにもなりかねません。今回は、そんな「生産性」について、すずまり姉さんがたっぷりレクチャーします!


(登場人物)

すずまり姉さん(45歳)ひよ子(24歳)やる子(32歳)
左:すずまり姉さん(45歳)/広報部長。社内を練り歩き、各部署の情報を巧みに収集しながら仕事術のレクチャーも行う。過去に数多の過ちをやらかした経験からミス、ムダ、残業を忌み嫌っている。

中:ひよ子(24歳)/入社2年目、やる子の後輩。女性活躍の追い風でキャリア意識が高く、やる気はあるものの失敗も多い。女子力高めのふんわりキャラだが若干不安定。悩んでは落ち込みを繰り返す。

右:やる子(32歳)/1年の間、すずまり姉さんの愛のムチを受けた結果、めでたくチームリーダーに昇進。しっかり者だが、中堅どころならではの悩みも多い。最近はキャリアに目覚め、日々精進中。

早く終わらせるためにランチタイム返上! それ、ホントに効率的?

 お盆を過ぎても、まだ人影まばらな日経YARUKI社オフィス。夏季休暇を二日後に控えたやる子は、必死の形相でキーボードをたたいています。

やる子 「今日中にあと、あれもやって、これもやって……。ダメだ、夏休みまでに終わらないかも! 今日もまた残業かぁ……」

 そう言って諦めたように笑ったところで、すずまり姉さんとひよ子の楽しそうな話し声が。

すずまり姉さん 「ひよ子ちゃんの夏休み、楽しかったみたいでよかったわ」

ひよ子 「はい! 久しぶりに学生時代の友達にも会えて、すっかりリフレッシュできちゃいました」

 そんな二人の様子を羨ましそうに見つめるやる子。その視線に気付いたすずまり姉さんは、カツカツカツ! とヒールの音を響かせながらやって来ます。

すずまり姉さん 「ハーイ、やる子。忙しそうね。出張のお土産を買ってきたから、あ~たも一緒に『もぐもぐタイム』しない?」

やる子 「おお、これは例のチーズケーキ! すずまり姉さん、北海道に行ってたんですか?」

すずまり姉さん 「そうなの、でっかいどーに行ってきたのよ。涼しいし、ごはんはおいしいし、最高だったわ」

やる子 「う、羨ましいっ。でも、今はちょっと遠慮しておきます。ランチもガマンしてやってるのに、全然終わらないから困っ……」

すずまり姉さん 「待てーい! 待て待て、待てーい!」

ひよ子 「うわ、ビックリした! 部長、どうしたんです? あ、やる子先輩、さてはまたテンパってますね」

やる子 「うっ、図星です……」

すずまり姉さん 「ランチ返上なんて。焦る気持ちは分かるけど、それじゃ労働生産性は下がる一方よ」

ひよ子 「労働生産性って何ですか? 気になります」

やる子 「そだねー……って、いかんいかん、姉さんの北海道バナシに影響されちゃった。取りあえず、教えて、すずまり姉さん!」

あー、やばい。気づいたら3時間座りっぱなしだ…… (C)PIXTA