メール文化がすっかり根付いた昨今は、毎日のように多くのメールが届きます。うかうかしているとどんどんたまってしまい、大切なメールを見落としてしまうことも……。そんな大量のメールに溺れそうな私たちを助けてくれるのが、ご存じ、すずまり姉さんです。大切な1通を見逃さない仕事術、早速教えてもらいましょう!


(登場人物)

すずまり姉さん(45歳)ひよ子(24歳)やる子(32歳)
左:すずまり姉さん(45歳)/広報部長。社内を練り歩き、各部署の情報を巧みに収集しながら仕事術のレクチャーも行う。過去に数多の過ちをやらかした経験からミス、ムダ、残業を忌み嫌っている。

中:ひよ子(24歳)/入社2年目、やる子の後輩。女性活躍の追い風でキャリア意識が高く、やる気はあるものの失敗も多い。女子力高めのふんわりキャラだが若干不安定。悩んでは落ち込みを繰り返す。

右:やる子(32歳)/1年の間、すずまり姉さんの愛のムチを受けた結果、めでたくチームリーダーに昇進。しっかり者だが、中堅どころならではの悩みも多い。最近はキャリアに目覚め、日々精進中。

大量メールの中で、大切な1通が行方不明に。この事態、避けられるの?

 終業時間を過ぎてしばらくたった、夜の日経YARUKI社オフィス。そこには、メール画面を必死の形相で見つめるひよ子の姿がありました。どうやら、何かのメールを探している様子。そんな彼女に気付いて、やる子は恐る恐る声を掛けます。

やる子 「あ、あの、ひよ子ちゃん? さっきからスクロールを繰り返しているけど、何か探しているのかな?」

ひよ子 「ああ、やる子先輩、お疲れさまです。例のパンフレットの原稿、先輩のところには届いてます? さっき、今日の午前中に送ったって言われたんですが、どうも見つからなくて」

やる子 「あ~、そう言えば今日が締め切りだったね。ちょっと待って、見てみるから」

ひよ子 「(やる子のパソコンをのぞき込んで)先輩のところ、めちゃくちゃメールが届くんですね! 受信トレイに未読が100通以上あるなんて」

やる子 「そうなんだよね。取引先のメルマガとか、急ぎで処理しなくてもいいものがたまっちゃって……」

 やる子がそう言いかけたところで、カツカツカツ! というヒールの音と共に、すずまり姉さんがやって来ます。

すずまり姉さん 「ハーイ、お嬢様方。まだ会社にいたの? 今日は花金なんだから、とっとと帰りなはれ。……って、やる子、その受信トレイは何? ひよ子ちゃんはフォルダの数が尋常じゃないし。あ~たたち、そんなことでちゃんとメール処理できてるの? 必要なメールが見つからなかったりするんじゃない?」

ひよ子 「うっ、すずまり部長。何で分かったんですか……」

やる子 「ひよ子ちゃん、すずまり姉さんは日経YARUKI社で起こったことをすべて把握しているらしいよ。噂じゃあ、社長のマル秘情報も握っているとか……」

すずまり姉さん 「ちょいとやる子、無責任な噂を広めないでくれる? ま、社長ネタには事欠かないのはホントだけど。フフ。……そんなことよりメール処理の方法よ。そのメタボなメーラー、スリムにしてあげるから」

やる子 「それはありがたいんですが、今、噂を認めましたよね」

ひよ子 「はい、サラリと怖いことをおっしゃいました。ちょっと悪い笑顔になってます……」

ランチから帰ってきたら未読メールが100件だった……なんて人もいるのでは? (C)PIXTA