前回に引き続き、「やってはいけないメール術」をテーマにお届け! ただし今回は、受け取る側ではなく送る側の立場でのテクニックです。送ったのに読んでもらえなかった経験がある人、「またあの人からメールが来たよ」とうんざりされたくない人は、ぜひご一読を。今回も、すずまり姉さんの仕事術に深くうなずくこと間違いなしです!


(登場人物)

すずまり姉さん(45歳)ひよ子(24歳)やる子(32歳)
左:すずまり姉さん(45歳)/広報部長。社内を練り歩き、各部署の情報を巧みに収集しながら仕事術のレクチャーも行う。過去に数多の過ちをやらかした経験からミス、ムダ、残業を忌み嫌っている。

中:ひよ子(24歳)/入社2年目、やる子の後輩。女性活躍の追い風でキャリア意識が高く、やる気はあるものの失敗も多い。女子力高めのふんわりキャラだが若干不安定。悩んでは落ち込みを繰り返す。

右:やる子(32歳)/1年の間、すずまり姉さんの愛のムチを受けた結果、めでたくチームリーダーに昇進。しっかり者だが、中堅どころならではの悩みも多い。最近はキャリアに目覚め、日々精進中。

タイトルが分かりにくくて、お目当てのメールが見つからない!

 取引先でのプレゼン成功に満足し、鼻歌交じりで帰社したやる子。上機嫌でフロアを見渡したところ、メール画面を必死の形相で見つめるひよ子の姿を発見します。

やる子 「あ、あの、ひよ子ちゃん? 何かデジャヴなんだけど……。またメール探しているの? この間、すずまり姉さんに教えてもらったよね」

ひよ子 「うっ、やる子先輩。ハミングしながら辛辣なこと言いますね……。いえ、これはあの、違うんです。前は届いたメールを探していたんですけど、今日は送ったメールのほうで」

やる子 「ひよ子ちゃんから送ったメールってこと? 送信トレイに入っていないの?」

ひよ子 「それが、同じ案件絡みのメールはどれも似たようなタイトルなので、いちいち開かないと分からないんです」

やる子 「あ?、あるね、それ。メールあるあるってやつ。どれ、私もccで入っていたなら、探してみよっか? ……って、私のほうにも似たようなタイトルで来てるから分かんないじゃーん、なんつって」

ひよ子 「……先輩、今ちょっと忙しいから、そういうのは後にしてもらえます?」

あのメール! どこ? (C)PIXTA

 ひよ子にひややかな目でそう言われ、「やっちまった!」という表情を浮かべるやる子。そこへ我らが師匠、すずまり姉さんのカツカツカツ! という足音が聞こえてきます。

すずまり姉さん 「おのおの方、またもメール探しにムダな時間を費やしておるな?」

ひよ子 「すずまりぶちょお~。やる子先輩が仕事の邪魔をするんですよう」

やる子 「うわ、告げ口か! はー、もう。……姉さん、ひよ子ちゃんが冷たいんですよう」

すずまり姉さん 「あ~たたち、仲がいいわね。って、そんなことより、タイトルが分かりにくいメールの問題、解消したくない?」

やる子ひよ子 「したいしたい、したいですっ!」

すずまり姉さん 「食いつきいいわね。オッケー、早速説明しようじゃない」