「急に仕事を振られて、自分の業務が進まない」「友達との約束をドタキャン」なんて経験、ありませんか? 仕事が充実しているのはいいけれど、キャパシティーオーバーとなれば周囲の人に迷惑を掛けてしまうことも……。そんな事態を回避するには、どうしたらいいの? すずまり姉さん、どうかご指導ご鞭撻(べんたつ)を!


(登場人物)

すずまり姉さん(45歳)ひよ子(24歳)やる子(32歳)
左:すずまり姉さん(45歳)/広報部長。社内を練り歩き、各部署の情報を巧みに収集しながら仕事術のレクチャーも行う。過去に数多の過ちをやらかした経験からミス、ムダ、残業を忌み嫌っている。

中:ひよ子(24歳)/入社2年目、やる子の後輩。女性活躍の追い風でキャリア意識が高く、やる気はあるものの失敗も多い。女子力高めのふんわりキャラだが若干不安定。悩んでは落ち込みを繰り返す。

右:やる子(32歳)/1年の間、すずまり姉さんの愛のムチを受けた結果、めでたくチームリーダーに昇進。しっかり者だが、中堅どころならではの悩みも多い。最近はキャリアに目覚め、日々精進中。

突発的な仕事のせいで減らないTo Do。これじゃ予定も入れられない!

 月末の忙しさを乗り切り、上機嫌のすずまり姉さん。同じく頑張ったやる子とひよ子をねぎらうために、こよいは3人で楽しい女子会の真っ最中です。

すずまり姉さん 「ハイ、じゃあ食べ物しりとりの続きね。ひよ子ちゃんが『お』で終わったから……うーん、じゃあ、『お願いしマッシュポテト』!」

やる子 「い、いや、姉さん、変なの出さないでくださいよ。それってもはや、何にでも使えるじゃないですか。もうダメ、食べ物しりとり終了!」

すずまり姉さん 「ちぇっ、つまんないの。……んじゃ、そこでほほ笑んでいるひよ子ちゃん、最近、いいことあった?」

ひよ子 「うふふ、実は今度、BTSのライブに行くんです。すっごく楽しみで」

やる子 「すごい! チケット当たったんだ」

すずまり姉さん 「BTS! あのイケてるメンズたちね。ところでやる子、BTSって何の略だっけ?」

やる子 「えっと、防弾チョッキ……いや、違うな、防弾少年隊……」

ひよ子 「やる子先輩、惜しい! 答えは防弾少年団でーす」

やる子 「あああ、そうだった……。いいなぁ、楽しそう」

ひよ子 「でも私、ちょっと心配なんですよね。前日の夜に現地入りの予定なんですけど、急な仕事が入って残業になったらどうしようかって」

やる子 「あー、あるあるだよね。私も急に仕事振られて、自分のTo Doリストが片付かないこと、何度も経験してるもん」

すずまり姉さん 「あらやだ、二人とも。そんな状況、常に先手を打っていれば回避できるんでないかい?」

やる子 「先手を打つって、どんな……?」

ひよ子 「教えてください、すずまり部長!」

急に仕事を振られてもチャッチャと終わらせられる余裕が欲しいのです (C)PIXTA