どんな仕事にも付き物なのが「締め切り」。多くの仕事を抱えれば当然、追ってくる締め切りも増えるわけですが、追われる一方だと身も心も疲れ果ててしまいます。では、締め切りに振り回されず、無理なく仕事を回す方法って? そりゃあなた、すずまり姉さんに教えてもらうしかないでしょう!


(登場人物)

すずまり姉さん(45歳)ひよ子(24歳)やる子(32歳)
左:すずまり姉さん(45歳)/広報部長。社内を練り歩き、各部署の情報を巧みに収集しながら仕事術のレクチャーも行う。過去に数多の過ちをやらかした経験からミス、ムダ、残業を忌み嫌っている。

中:ひよ子(24歳)/入社2年目、やる子の後輩。女性活躍の追い風でキャリア意識が高く、やる気はあるものの失敗も多い。女子力高めのふんわりキャラだが若干不安定。悩んでは落ち込みを繰り返す。

右:やる子(32歳)/1年の間、すずまり姉さんの愛のムチを受けた結果、めでたくチームリーダーに昇進。しっかり者だが、中堅どころならではの悩みも多い。最近はキャリアに目覚め、日々精進中。

締め切りに追われて残業続き…。こんな毎日はもうイヤ!

 1泊2日の出張を終えた翌日、意気揚々と出社したやる子。出先でこなせなかった仕事を片付けようと、いつもより早めの時間にやって来ました。

やる子 「いや~、仕事が大変になるのを見越して先手を打つ私って、結構デキる人っぽいよね。最近、すずまり姉さんに近づいているかも。ムフフ」

 そう言って不敵な笑みを漏らしたところで聞こえてきたのは、ひよ子がキーボードを激しくたたく音でした。

やる子 「あれ? 一番乗りだと思ったのに。おはよう、ひよ子ちゃん。こんな早くからどうしたの?」

ひよ子 「おはようございます、やる子先輩。実は先輩が出張中、急な仕事が立て続けに入ってきたもので……」

やる子 「急な仕事って、どんなの?(ひよ子の手帳をのぞき込んで)ちょっとこれ、かなり無茶なスケジュールばっかじゃない? 大丈夫?」

ひよ子 「うう、大丈夫じゃないけど大丈夫です。きのう、自宅に持ち帰ってだいぶ進めましたから。かなり眠いけど、もう2~3日頑張れば……」

やる子 「いやいや、寝不足で進めても効率悪いだけだって。私もやるから、半分ちょうだい」

ひよ子 「いえいえ、断れなかったのは私ですから、自分でちゃんとやります」

やる子 「いやいや、私も」

ひよ子 「いえ、私が」

 押し問答を続ける二人の前に、颯爽と現れたのはすずまり姉さん。カツカツカツ! といつもの靴音を響かせての登場です。

すずまり姉さん 「あ~たたち、モメるのはおやめんさい。レジの前で『自分が払う』『いや、ここは私が』って言い合う人たちみたいになってるわよ」

やる子 「あ、すずまり姉さん。聞こえちゃってましたか」

すずまり姉さん 「ええ、やる子が『すずまり姉さんに近づいている』って言ったあたりからね」

やる子 「ほぼ最初からじゃないですか! それ、冗談ですからね、軽い冗談」

すずまり姉さん 「それはどうでもいいけど、取りあえずひよ子ちゃん、ムリなスケジュールで引き受け過ぎ。後で、締め切りに振り回されない方法をレクチャーしなきゃだわね」

ひよ子 「そんな方法、あるんですか!?」

すずまり姉さん 「ありますあります、ありまんもす。手が空いたら声掛けてちょー」

「いやー、次から次に、仕事が湧いてくるっていうか。やってもやっても終わらなくて」 (C)PIXTA