自己投資をしている人の5割は「目標がある」

 それでは、趣味やスキルアップなどの自己投資をする上で「目標」はあるのでしょうか。全564人中、「目標がある」は48.4%、「目標はない」は48.8%で、およそ2人に1人は目標を持っているようです。

自分への投資をする上で目標はある?(単一回答)
何らかの目標を持っている人は約半数いました

 「目標がある」と答えた273人に、具体的な内容を教えてもらいました。

FP・社会保険労務士として独立したい(資格の勉強に月1万円/41歳、不動産、営業)

転職希望なので、パソコンスキルを身に付けたい(参考書やテキストに月5000円/39歳、情報通信・IT、専門職)

房総に家を買って永住したい。1週間のモチベーションを維持できるよう、自分が気持ちよく、心も体もリセットできることに使う(銭湯・マッサージ・本などに月2万円/39歳、小売、総務・人事・営業など)

ダンスの腕を磨いたり、バク転をできるようになったりすることで、会社の年に2回のイベントの余興で、参加者の方全員に喜んでいただけるようにしたい(ダンス月謝1万円/27歳、小売、経理・営業・販売・接客など)

オリンピックのボランティアで、スペイン語で道案内をする(語学学習に月2000円/28歳、製造、企画・SE)

腹筋を6つに割りたい(ジムに月2万円/33歳、情報通信・IT、営業・企画)

婚活をして結婚と子どもづくりを今年中にかなえたい(ジムに月6000円/35歳、製造、営業)

リタイア後の趣味として、楽器を習っている。将来は市民バンド等の団体に所属したい(楽器レッスン月1万2000円/42歳、卸売・流通、一般事務)

自己投資によって「仕事に影響・変化があった」人は5割近く

 趣味の活動やスキルアップなど自分への投資が「仕事への影響や変化を与えた」ことはあるか尋ねたところ、「ある」が46.6%、「ない」が49.5%で、自己投資が仕事に影響を与えた人が半数近くいることが明らかとなりました。

自分への投資は仕事に影響があった?(単一回答)
オフ時間の活動が仕事に対する変化をもたらしたと回答した人は半数近く