オトコゴコロを理解することは、会社のコミュニケーション上、実は大切なこと。この連載では、同じ職場で働く男性社員と共存し、上手に会社の人間関係を築くためのヒントをお届けします。今回は、口数の少ない男性同僚となかなかコミュニケーションが取れないという相談です。

Q.言葉の少ない口下手な男性とコミュニケーションが取れない

 男性社員一人、事務パートの私一人、社長は2時間くらいしか顔出さない、そんな小さな事務所で働いています。男性社員と二人で過ごすことがとても多いのですが、その男性は、口下手。何を聞いても、「はぁ」「いいんじゃないですか」としか言いません。詳しく物事を聞きたいときでも、一問一答になってしまい、コミュニケーションを取ることにとても苦労しています。
 嫌われているわけではないと思います。もともと周囲に対して無関心な性格なのかもしれませんが、相談できる相手はこの男性社員しかいません。寡黙な男性はかっこいい面もありますが、ここは会社。うまく言葉を引き出せるようなコミュニケーションを取れればいいなと思います。どうしたら、口下手な男性から、効果的な言葉を引き出せるのか、最低限の会話が成り立たないものかとも思っています。こういう男性との上手な意見の聞き方を教えていただきたいです。
(37歳・医療福祉関連・受付)

何を聞いても「いいんじゃないですか」の返事。相談に乗ってもらいたいのに…… (C)PIXTA

A.男性には多いタイプ。「そういう人もいるんだ」と受け止めて

 います、そういう人。

 相談者さんもおっしゃっているように、決して嫌われているわけでもないけれど、必要なときにもあまり口をきいてくれない人。引っ込み思案だったり、恥ずかしがり屋だったりするのでしょう。

 男性って、そういうタイプが多いような気がします。ボクの周りにも、結構な数がいますよ。こちらが挨拶しても軽い会釈や手をちょっと挙げるだけといった仕草で返して、声には出さない人。目を合わせてくれないという人もいますよね。

 何を隠そう、ボク自身も、そのきらいがありました。今でこそ、人と人をつなぐような仕事もあるので、頑張って改めましたが、とにかく人前で声を発するのが苦手でした。以前のままでしたら今回、相談の俎上(そじょう)に載っていたのかもしれないと感じたほどです。だからこそ、彼らの気持ちも何となく分かるんです。

 悪気があるわけではない、むしろ気の利いたことを返したいんだけど、とっさに出てこない。軽くお酒でも飲んでいたら、うまく言えることもある――でも、緊張するとノドが詰まったようになってしまい、声が出にくくなっていました。