メモやチャットアプリを活用しましょう

 「会話から言葉を引き出す」ということが実らないのであれば、ほかの選択肢を取ってもいいのかもしれません。通常の連絡事項は、メールやメモなどのテキストベースにしてみるのです。今の時代、SNSやチャットアプリなどを活用して処理するのもアリ。

文字ベースのやり取りを効果的に取り入れて (C)PIXTA

 一見、味気ないと思うかもしれませんが、コミュニケーションが取れないことに対してイライラするより、より建設的です。もし、パートの貴女だけでは判断できかねて、正社員の男性の指示や意見が欲しい場合は、その旨といつまでに返事して欲しいのかを明記するということで対応できるはず。

 むろん、仕事ですから、突発的なことも出てくるでしょう。そんなときだけ、話しかければいいと思いますよ。その説きの質問は「はい/いいえ」で答えられるようにしてあげるのが親切かもしれません。それくらいなら、会話が苦手でもできるでしょうし。もし「なんで私が、そこまで気を遣わなくてはいけないの?」と思うなら、やはりできるだけテキストでの接触にすればいいと思います。

 会社って、結局、人生の一部。全部がスムーズに行くわけがない、と割り切りましょう。会社で会話が弾まないのであれば、友人やパートナーなどプライベートで充実させればいいんです。したくないと思っている相手に、それを望むほど、不毛なことはないのですから。

文/藤村岳 写真/PIXTA

この連載は、木曜日、毎月2回ペースで公開します。下記の記事一覧ページに新しい記事がアップされますので、ぜひ、ブックマークして、お楽しみください!
記事一覧ページはこちら ⇒ 【オトコとオンナの会社マナー学】

【藤村岳さんのFacebook】【藤村岳さんのTwitter】でも発信されています。
フォローすれば、記事公開のタイミングも分かりますよ!