起業家の奥田浩美さんが提案する、「会社を辞めないという選択」。会社に所属しているほうが、様々な人とつながりやすく、より大きく社会を変えられる可能性を秘めていると奥田さんは言います。あなたの強みを会社で生かすには? 会社を“使って”自分の夢をかなえるには? 書籍『会社を辞めないという選択―会社員として戦略的に生きていく』の中から、明日からすぐに仕事が好きになれる働き方を提案します。

前回の記事はこちら→会社を“使って”やりたいことをやるためのヒント

会社員にとって、会社は財産である

不人気の部署ならではのメリットとは? (C)PIXTA

 前回お話したように、自分で会社のホームページをイメージし、会社のアピールポイントがわかってくると、会社のどの部分を使って自分は何ができるのかということも考えることができます。小さなことでも構わないので、この会社を使って、会社にとってプラスになり、自分にとってもプラスになることで何ができるのかを考えると会社というものの見え方が違ってきます。

 ここがまさに会社員の強みになるのですが、会社を使える、つまり“会社=財産”になるということです。自分には土地もお金もない。それでも会社があれば、自分のやりたいこともできるかもしれません。

 もちろん、自分の土地やお金を使うように自由に会社を使えるわけではありません。年齢や社歴、組織の中での自分のポジションといったことから、財産をどれくらい使えるのかという制限はあるでしょう。しかしそれでも、大なり小なり何かしら使えるものはあります。そして、一番大事なことは、会社という財産を“使って”、あなたが会社や社会に何かを“与える”という発想です。