不人気なところほど、一人の力の影響が大きい

 今いる部署で、会社の財産を使うことを考えるのも一つの方法ですが、自分から手を挙げて、他の部署、他のポジションに動くという方法もあります。

 あなたの会社に、不人気な部署やポジションはありますか? あなたならそこでどういう変革を起こせるでしょうか?

 実は小さくて不人気なところほど、一人の力の影響が大きいのです。不人気ということは、会社の中ではいわば“引っ込んでいる部分”で、これを出っ張った部分にしていくという発想です。そこに自分の力を発揮することができます。

 「そんなに簡単に部署を異動するなんてできない」と思っていますか?

 それは、会社の中でできること、できないことを勝手に決めてしまっているだけかもしれません。事あるごとに「この会社では前例がないから」と思ってしまいがちですが、どんな前例もかつては誰かが作ったものです。社内の知人を通じてアピールしてみるなど、アクションを起こしてみてください。最初から前例があったはずはありません。前例がないこと自体、前例を作る一つのチャンスだという考え方もあるのです。