起業家の奥田浩美さんが提案する、「会社を辞めないという選択」。会社に所属しているほうが、様々な人とつながりやすく、より大きく社会を変えられる可能性を秘めていると奥田さんは言います。あなたの強みを会社で生かすには? 会社を“使って”自分の夢をかなえるには? 書籍『会社を辞めないという選択―会社員として戦略的に生きていく』の中から、明日からすぐに仕事が好きになれる働き方を提案します。

前回の記事はこちら→異動するなら不人気な部署へ行こう―その理由とは

会社員一人ひとりが事業戦略を立てよう

部署がたまたま一緒になった人たち。意見が合う人ばかりではないですが…… (C)PIXTA

 自分のビジョン、そのためにやれること、やりたいことがはっきりしたら、次は事業戦略です。

 自分の事業戦略を立てる。会社の中で誰をどういうふうに巻き込み、何をどう実行していくのかを具体的に練るということです。

 当たり前のことですが、どんな会社にも必ず事業戦略があります。会社員一人ひとりもまた、自分の事業戦略を立てるというマインドで動けば、目標とそのためにすべき行動が明確になるため、成功する確率は高くなります。

 そうは言っても、会社の中では自分のいる場所、一緒に仕事をする人を自由に選べないじゃないか。そんなふうに思っていませんか。

 今いる部署で、あるいは部署全体という単位が大きすぎるようだったら、あなたがいつも一緒に仕事をしているチームで、どんな会社が作れるのかを考えてみましょう。たまたま一緒になった人たちだから、意見が合う人ばかりではないでしょう。だけど、それがいいのです。