起業家の奥田浩美さんが提案する、「会社を辞めないという選択」。会社に所属しているほうが、様々な人とつながりやすく、より大きく社会を変えられる可能性を秘めていると奥田さんは言います。あなたの強みを会社で生かすには? 会社を“使って”自分の夢をかなえるには? 書籍『会社を辞めないという選択―会社員として戦略的に生きていく』の中から、明日からすぐに仕事が好きになれる働き方を提案します。

共感を呼ぶためにできること

(C)PIXTA

 あなたの仕事ができるだけたくさんの人から共感を得られるようにするには、発信する側のあなた自身がそれだけたくさんの視点を持つ必要があります。そのために心掛けておくことがあるのです。

 まずは、自分が一緒に仕事をするメンバーを、できるだけ固定化しないこと。メンバーが固定化するということは、発想や着眼点も固定化していくことにつながります。さまざまな発想や着眼点を持つために、大企業であれば部署やチーム、プロジェクトなど、自分が仕事をする場を一カ所に決めてしまわず、可能な限り動くようにするという方法があります。

 ただ、社内のメンバー全員を一目で見渡せるような中小企業だとしたらそれも難しいでしょう。そのときはどうするか。社外のいろいろな人とコミュニケーションを取る時間を意識して持てば解決できます。そのために、会社のためとも自分のためともどちらとも言えない時間を持つことが大切だと考えています。