起業家の奥田浩美さんが提案する、「会社を辞めないという選択」。会社に所属しているほうが、様々な人とつながりやすく、より大きく社会を変えられる可能性を秘めていると奥田さんは言います。あなたの強みを会社で生かすには? 会社を“使って”自分の夢をかなえるには? 書籍『会社を辞めないという選択―会社員として戦略的に生きていく』の中から、明日からすぐに仕事が好きになれる働き方を提案します。

苦手な人を分析してみよう

(C)PIXTA

 前回の「苦手な人とは仲良くすべき?起業家が答える意外な答え」に引き続き、苦手な人とうまくやっていくためにもう一つ、有効な手段をお教えしましょう。

 それは、苦手という自分の感情をちゃんと分析することです。私が苦手なこの人の、いったいどこが、なぜ苦手なのか。それでは、この人にいいところや学ぶべきところはないのか。あるならそれはどこか。そのように具体的に分析してみると、例えば漠然と苦手だと思っていた上司の、女性社員に少々下品な冗談を言うところはやはり受け容れがたいけれども、一方でリーダーシップはたいしたものだ、という見方ができるようになります。