起業家の奥田浩美さんが提案する、「会社を辞めないという選択」。会社に所属しているほうが、さまざまな人とつながりやすく、より大きく社会を変えられる可能性を秘めていると奥田さんは言います。あなたの強みを会社で生かすには? 会社を“使って”自分の夢をかなえるには? 書籍『会社を辞めないという選択―会社員として戦略的に生きていく』の中から、明日からすぐに仕事が好きになれる働き方を提案します。

トラブルのときにチームの力量が表れる

(C)PIXTA

 いざチームで動き出したとき、物事がうまく運んでいれば大きな問題はありません。そのまま突き進んでいけばいい。重要なのは、失敗やトラブルが生じた場合にどう対処するのかだと思います。チームの力量や責任者のリーダーシップが問われるところです。そこで、トラブルのときのチームとしての動き方を解説していきましょう。

 例えばこんなケースを想定してください。いよいよ納期が迫っているときに、準備段階でのミスが大きなトラブルに発展した場合。このプロジェクトの責任者である部長は、ミスをしたメンバーを呼びつけて怒ります。あなたが怒られている当の本人だとしたら、それをどう受け取るでしょうか。

 人は誰かに怒られたときに「○○に怒られた」という印象が強くなってしまって、いったい何について怒られたのか、その中身を精査することを忘れてしまいがち。でも本当に大事なのは、「誰が」怒ったのかより、「何に」怒ったのかです。この「何に」を一番に考えられれば、すぐに解決方法を考えればいいだけのことなので、事はシンプルに運ぶはずなのです。

 そこでアドバイスしたいのは、誰かに怒られたときに、「誰それが怒った」の「誰」の部分を一度はずして、怒った原因をきちんと突き止め、改善するにはどうすればいいのかを考えるということです。