起業家の奥田浩美さんが提案する、「会社を辞めないという選択」。会社に所属しているほうが、様々な人とつながりやすく、より大きく社会を変えられる可能性を秘めていると奥田さんは言います。あなたの強みを会社で生かすには? 会社を“使って”自分の夢をかなえるには? 書籍『会社を辞めないという選択―会社員として戦略的に生きていく』の中から、明日からすぐに仕事が好きになれる働き方を提案します。

初めてのタブレット講座は大失敗

失敗を情報発信することが、多くの人の知恵を結集することにつながる…?(C)PIXTA

 前回の記事「すぐ仕事につながらなくていい―『3年年収』時代が来る」で説明したように、私が設立した株式会社たからのやまの事業についてお話ししていると、もしかしたら、何もかもがスムーズに進んできたと思われているかもしれません。しかし実際に事業に取り組んでいくということは、失敗もたくさんあって、トライ&エラーの連続です。

 もっとも衝撃的だったのは、会社設立から間もない2013年11月、地域の高齢者のみなさんを対象に、iPadの使い方講座を開いたときのことです。この講座を受講してもらえれば、これまでITになじみがなかった高齢者の方たちも、その日のうちにタブレットが使えるようになるというゴールを目指して綿密にプログラムを練り上げましたが、大失敗に終わりました。なんと十数名集まった高齢者の方々のうち、プログラム終了までに無事iPadがインターネットにつながったという方はたった一人だったのです!