吉田羊さんの「笑顔」

 続いて吉田羊さんが再び登壇し、吉田さん流の健康法のトークが展開されました。

 吉田さんの健康の秘訣は、「冷え取り健康法」に尽きるそう。「心臓を中心として上半身は37度ですが、足元になると31度まで下がります。この体温差を縮める努力をしています」とのこと。具体的には、絹、綿、絹、綿の4枚の靴下重ね履き、別名“ミルフィーユ履き”で足の冷え対策を行っているそう。

 二つ目の健康の秘訣ととして、「半身浴も欠かさない」と吉田さん。「38~39度のお湯を張り、風呂蓋を置いて、タオルを敷いて、飲み水を持ち込んでいます。2時間が理想ですが、この前、台本を読みながら5時間も入っていました。長時間が難しいなら、20分から発汗が始まるので、30分でもいいです」とコツも詳細に伝授。

 もう一つ、「小食を心がける」のも大切だといいます。「腹八分目が基本です。食べた後、消化活動で血液がお腹に集中するので、その間、全身が冷えてしまいます」と、大食も冷えにつながると説明。「我慢すると反動で食べてしまうので、無理せず、普段の食事量をちょっと減らす、というのがいいです」と語りました。

 話題は、仕事をするときの心構えについても及び、「台本を読むときは、自分の解釈を疑うようにしています。第三者の解釈を聞いて、『そうなんだ』と新しい視点も取り入れます。見方次第で人の印象が変わる。自分の見方が変わると、『あ、この人、実はけっこういい人なんだな』と気が付くことができます」(吉田さん)

 つらい仕事に直面したときは「すべて試練だと思います。しんどいと思うことは試練ですが、すべてにおいて意味がある、と思えば乗り越えられると思います。前に進むことができれば、試練を乗り越えられら、違った景色が見えるようになり、新しい自分を見つけられるかもしれません」と働く女性に響く言葉を贈ってくれました。

 最後に来場者に向けて発せられた言葉は「笑顔」。「あなたが笑顔であれば、あなたを思っている人も笑顔になると思います。笑顔で過ごしてください」と、これまでの軌跡や芸能活動での苦労などを思い出したのか、少し涙ぐみながら語り、ファンのみならず多くの来場者の共感を得ていました。

吉田羊さん、中村アンさん、ビューティーミューズ賞のご受賞、おめでとうございます!

吉田羊さん着用靴/クリスチャン ルブタン
写真/竹井俊晴

WOMAN EXPO TOKYO 2016

http://woman-expo.com/tokyo/