5月21日(土)・22日(日)に東京ミッドタウン(東京・港区)で開催された「WOMAN EXPO TOKYO 2016」。21日に行われたセッション「癒しの旅 アメージング・タイランド」では、タイ国政府観光庁の藤村喜章さん、講談社の神谷明子さんに、タイを旅する魅力や女性ならではの楽しみ方を教えていただきました。

【パネリスト】

藤村喜章さん(タイ国政府観光庁 マーケティングマネージャー)
神谷明子さん(講談社 第二事業局 エンタメグループ担当副部長)

雨と緑を楽しめる「グリーンシーズン」って何?

 タイの魅力についてお話してくださったのは、タイ国政府観光庁の藤村喜章さんと、講談社の神谷さん。神谷さんは藤村さんの協力のうえ、雑誌FRaUの副編集長として「行こうよ! バンコクツアー」特集を担当され、ご自身もタイ旅行が大好きな女性です。

 まず、タイを訪れるなら、いつが良いのでしょうか? タイは一年中暑いというイメージがありますが、藤村さんによると、一年は三つのシーズンに分けられるそう。4月~5月のタイの体感温度は40℃くらい。6月~10月は雨期で、雨が降ったりやんだりするそうです。

藤村さん:「雨季は『グリーンシーズン』と呼ばれています。植物や花がすごくきれいで、緑が映えます。雨と一緒に景色もエンジョイできると思います。体感温度は30~33℃くらいで、日本の夏よりは過ごしやすいかもしれません」

 最後に、11月~4月は乾季で、体感温度は27℃くらい。ビアガーデンが出るなど、この時期も観光に良いそうです。

あなたは何曜日生まれ? 運気をアップさせる色や仏像を知ろう

藤村さん:「突然ですが、皆さんは自分が何曜日に生まれたかご存知ですか? 私は火曜日生まれですが、火曜日の運気をアップさせる色はピンクなんです。また、お寺に行くといろいろな仏像がありますが、火曜日だと涅槃像(右手を枕に横たわったポーズの仏像)が『私の仏像』になります。タイではお寺に行ってどの仏像にお参りすると良いかは、生まれた日の曜日でわかるんです」

 タイでは曜日ごとに運気をアップさせる色や守護仏が決まっているんですね。ちなみに神谷さんは月曜日生まれ。月曜日の色は黄色で、現在のタイ国王と同じなんだそうです。