自分らしく輝く、すべてのワーキングウーマンのためのイベント「WOMAN EXPO TOKYO 2016」が、5月21日、22日に東京ミッドタウン(東京・港区)で開催されました。日経キャリアNETによるセッション「女性リーダーたちに学ぶ、幸せなキャリアの法則」では、多彩な分野で働く女性リーダーたちが登壇し、自身の経験に基づいたキャリアの築き方を話してくれました。

【パネリスト】

トランスコスモスBPOサービス プログラムマネジメント推進部長 江浪まつみさん
日本郵便人事部 女性活躍室室長 一木美穂さん
東芝ライテック 照明電材事業本部 PSI企画担当グループ長 大嶌弘子さん
PwCあらた監査法人 製造・流通・サービス部 マネージャー 寺井久美子さん

【司会】

はぴきゃり代表取締役 金澤悦子さん

 パネリストは、トランスコスモスBPOサービス統括 事業推進本部 ビジネスデベロップメント統括部 プログラムマネジメント推進部長の江浪まつみさん、日本郵便人事部 女性活躍室室長の一木美穂さん、東芝ライテック 照明電材事業本部 PSIセンター PSI企画担当グループ長の大嶌弘子さん、PwCあらた監査法人 製造・流通・サービス部 マネージャーの寺井久美子さんの4名。司会は、はぴきゃり代表取締役の金澤悦子さんが務めました。

金澤さん:まず、ご自身の経歴と現在の仕事内容をお話しください。

江浪さん:トランスコスモスは、企業の課題を解決するアウトソーシングサービスを世界規模で展開する会社で、私は経営課題などのプロジェクトを統括するプログラムマネジメントの部長です。

 また、前職在職中に出産し、息子が3歳のときに今の会社の大阪支店に転職。息子が中学生になったときに東京本社に単身赴任しました。当社では、子供がいる女性社員も、単身赴任したのも私が初めてでした。

一木さん:国家公務員として就職し、職場結婚して、現在中学2年と高校3年の息子がいます。2人目の出産後に主人が海外転勤になり、一緒に行ったので3年近く育休を取りました。

 育休中に職場は公社化され、復帰してすぐ郵政民営化が決まり、今は日本郵便です。所属する女性活躍室は1年半前に新設された部署です。私は長期の育休を取った経験があり、復帰後は職場の仲間や家族に支えてもらいながら仕事を続けてこられたので、ご恩返しをしたくてこの仕事をしています。

大嶌さん:私はいわゆるリケジョで、技術職として東芝に採用され、システムの改善、改革などに携わった後、3年程前に東芝ライテックという照明を製造販売する会社に出向しました。昨年2015年4月に発足したPSI企画担当のグループ長としてマネージャーをしています。

 プライベートでは、中学1年と小学4年の娘がいますが、近くに子供を見てくれる身内もいないので、周囲の人たちや保育園に助けられながら、何とかフルタイムで仕事をしてきました。

寺井さん:PwCあらた監査法人は、PwC Japanというネットワークの中の一つの会社で、私は公認会計士として企業の監査をしています。神戸出身で、大学4年の時に阪神大震災があり、それが大きな転機になって、キャビンアテンダントとして働いていたこともあります。