秋田県の北東部、十和田湖と八幡平の真ん中に位置する鹿角市。季節ごとの豊かな自然や新鮮な水や空気、街中に点在する温泉などで住む人々を癒す、秋田県鹿角市を紹介するセッション「癒されたいなら“かづの”へ! LOCOガールようこそ!」が「WOMAN EXPO TOKYO 2016」の2日目に実施されました。

観光キャラクター「たんぽ小町ちゃん」も登場

 鹿角市と隣接する小坂町をともに「女子力で変える」をスローガンにした女子サークル「ふとっぱらバンビーヌ」より門下朋重さんと坂本寿美子さん、地域おこし協力隊の松村菜摘さんを迎え、同じく秋田県出身の日経BPヒット総合研究所長の麓幸子とともに鹿角市の魅力に迫りました。

 この日ブースの隣で応援してくれていたのは観光キャラクターのたんぽ小町ちゃん。長くゆるチャラ界に属するたんぽ小町ちゃんはきりたんぽをイメージしたキャラクターで、きりたんぽ発祥の地でもある鹿角のマスコット的存在です。

 ふるさとに戻るだけではなく、縁もゆかりもない街に大都市から移住したり、都会と田舎暮らしの両方を楽しんだり、自らふるさとを選ぶ人をLOCOガールと名付けて応援している日経WOMAN。鹿角市もLOCOガールの企画に協力してくれている自治体の一つです。

鹿角市へIターン、UターンしたLOCOガールのみなさん